春日大社
かすがたいしゃ
大和まほろば夢空市
春日大社中門(撮影:桑原英文)

千古の森に鎮まる鮮やかな朱塗りの社殿

奈良時代のはじめに、平城京の守護と国家の繁栄を祈願するために創建。
朱塗りの美しい社殿が建ち、境内周辺には神様のお使いである野生の鹿が生息している。
平安・鎌倉時代の国宝、重要文化財を多数所蔵していることから
「平安の正倉院」と言われており、代表的な宝物類を国宝殿で展示している。
萬葉植物園では、万葉集に登場する草花を公開しており、中でも20種約200本の藤は有名である。
1998年に「古都奈良の文化財」として春日山原始林とともに世界遺産に登録された。
奈良時代のはじめに、平城京の守護と国家の繁栄を祈願するために創建。朱塗りの美しい社殿が建ち、境内周辺には神様のお使いである野生の鹿が生息している。平安・鎌倉時代の国宝、重要文化財を多数所蔵していることから「平安の正倉院」と言われており、代表的な宝物類を国宝殿で展示している。 萬葉植物園では、万葉集に登場する草花を公開しており、中でも20種約200本の藤は有名である。1998年に「古都奈良の文化財」として春日山原始林とともに世界遺産に登録された。
大和まほろば夢空市
万葉植物園の藤
大和まほろば夢空市
国宝殿
大和まほろば夢空市
石灯籠と鹿
大和まほろば夢空市
飛火野/写真提供:JR東海
大和まほろば夢空市
万燈籠/2月節分、8月14日・15日
大和まほろば夢空市
春日若宮おん祭/12月17日

春日大社

TEL

0742-22-7788

住所

奈良市春日野町160

拝観時間

御本社開門時刻 7:00〜17:00(季節により変動あります)

定休日

なし(祭典都合によりご参拝いただけない場合があります)

駐車場

あり(バス・乗用車合わせて100台駐車可能)